指標:デジタルマーケティング戦略のデータを測定する方法を学びます

によって書かれた

遅いホスティングにうんざりしていませんか?ここをクリックして、デジタルオーシャンの使用方法を学び、クラウドホスティングで使用するために100ドルも稼ぎましょう!端末やコードにアクセスせずに設定する方法を学びましょう!

デジタル市場での事業拡大を望む企業は、その目的を明確にする必要があります。 メトリック そして、結局のところ、どのようにそれらに到達するかは、優れた計画戦略によってのみ、十分にターゲットが絞られ、優れた結果がもたらされます。

特にインターネットのオーディエンスが非常に不安定でダイナミックな電子商取引では、企業はオーディエンスと市場自体の両方に発生する可能性のある変化を常に認識している必要があります。

しかしその前に、メトリクスの概念と、メトリクスがビジネスで非常に必要である理由を十分に理解する必要があります。会社の焦点が 油圧端子 またはサービスの販売。

したがって、今日のテキストでは、メトリックの概念全体、それらがどのように機能するか、それらの機能は何か、それらとKPI(主要業績評価指標)の違い、および投資で享受できる利点と利点について説明します。

リードを引き付け、あなたの仕事の価値を示し、彼らをビジネスに忠実な顧客に変えることができることは、すべての企業の目標です。結局のところ、それはますます拡大し、インターネットにその価値を示すのは、購入とエンゲージメントを通じてです。 。。

それだけでなく、 パレットトラック その背後には、一定数の売上、エンゲージメント、シェア、リーチを求める戦略があり、これらすべての指標は、会社をさらに前進させ、ビジネスに関連するさまざまな価値を測定するのに役立ちます。

単純で非常に直接的な方法で、プロセスのパフォーマンスを分析するために使用される定量的測定値をメトリックとして理解できます。そして、企業にはいくつかあるので、そのような対策をうまく適用する必要があります。

したがって、月全体の販売数を計算する 取引システム X、つまりパーソナライズされたTシャツなど、会社の主力製品に投資し続ける人の数は、さまざまな種類のビジネスや市場自体で使用される指標のほんの一部です。

言い換えれば、メトリクスはビジネスで意思決定を行うための優れた方法であり、キャンペーンまたは戦略が実行可能かどうかに影響を与え、一種の羅針盤として機能し、常に現時点でどちらに進むべきかを示します。

したがって、次のトピックでは、一連のメトリックと、それらをビジネスで効率的に使用する方法についてのより適切な説明を取り上げます。 ITコンサルティング。それ以上の苦労なしに、それをチェックしてください。

メトリックの概念を探る

最初のステップは、これらのメトリックがビジネスでどのように重要であるかを理解することです。これは、この記事の冒頭ですでに少し紹介されています。それらはあなたの会社の決定の基礎であり、これはあなたのすべての計画に影響を与えます。

つまり、指標の測定と計算が間違っていると、プロモーションキャンペーンであっても、会社の他のすべてのプロセスにバイアスがかかり、ブランドはそれが有益であるかあまり実行可能ではないことを理解し、態度を誤ってしまいます。

これはから影響を受ける可能性があります 環境コンサルティング会社 大規模なソフトウェア開発者でさえ。ただし、同様に重要なのは、メトリックを、よく知られている主要業績評価指標であるよく知られているKPIと区別する方法を知ることです。

メトリックは、会社が実行した特定のアクションに関する関連情報にすぎませんが、KPIは特定のアクションの結果です。つまり、1つは連続性であり、前のもののシーケンスです。

しかし、そのようなメトリクスを計算するには、データ測定ツールが必要です。 ソフトウェア開発会社結局のところ、テクノロジーは進化しており、組織に有利に使用する必要があります。

したがって、今日の市場で最も使用されている測定ツールのいくつかは次のとおりです。

それぞれに独自の特徴があり、ニーズに最適なものを決定するのは各企業の責任です。もちろん、複数のツールを使用することは可能です。それはすべて、会社が何を探し、何を必要としているかによって異なります。

そのことを念頭に置いて、市場で最も使用されているメトリックと、これがあらゆるタイプのビジネスにどのように役立つかについては、いくつか疑問があります。 グラスファイバーディスペンサー。以下のトピックを確認してください。

最もよく使用されるメトリックとKPI

デジタルマーケティング戦略における指標とKPIの重要性が少し明確になったので、今度は最も使用されているもののいくつかを理解し、それがビジネスに大きな違いをもたらす可能性があります。

したがって、市場がより積極的に使用していること、そしてそれがあなたの良い決断と悪い決断の違いになる可能性があることを以下で確認してください 廃棄物管理.

01-平均チケット

直接、平均チケットは、会社が事前に規定した期間の売上の価値を示します。これは、会社が実施するキャンペーン、製品、またはプロモーションごとの平均利益を表示できることを意味します。

言い換えれば、それは営業部門が特定の製品でどれだけ利益を上げたかをかなり大雑把に明らかにします。ただし、売上高は必ずしも1つのプロセスに関連しているとは限らないため、注意が必要です。したがって、このメトリックにはある程度の感度が必要です。

02-ROI

この頭字語は、投資収益率、または英語での用語の略です。 投資の回収。これは、投資の収益性、つまり特定の投資でどれだけの資金が調達されたかを示す指標であると理解できます。

主に企業のマーケティング部門、主に母の日、クリスマスなどの特別なキャンペーンを計算するのに非常に役立ちます。これは市場で最も使用されているものの1つであり、このメトリックなしでビジネスを管理することは困難です。

03-CPL

この指標は、リードあたりのコストの頭文字であり、非常に直接的な方法で、インバウンドマーケティングとも呼ばれる、コンテンツマーケティングを通じてビジネスのリードを生成するために会社が支払う価格、コスト、および費用です。

コンテンツマーケティングは、付加価値を付けてあなたを維持することを目的としたインターネット向けのコンテンツの絶え間ない作成にすぎないことを思い出してください。これを行うのは安くはありません。

他の多くの投資の中でも、コンテンツの作成、ページまたはサイトの継続的なメンテナンス、一般の人々にとって興味深いものの継続的なフィルタリング、ビデオ編集、コンテンツおよび画像デザインに必要な専門家がいます。

04-CAC

このKPIは前のKPIと非常に似ていますが、この場合、リードだけでなく、顧客獲得コスト全体が含まれます。これは前のトピックと同じくらい包括的ですが、面接、販売ファネルの保守、企業戦略など、多くの慣行が含まれる可能性があるという違いがあります。

05-オーガニックトラフィック

名前が示すように、オーガニックトラフィックは、ページのコンテンツに興味を持ち、ページが提供するコンテンツを消費し続ける人々の数を測定します。彼らはグーグルからの推薦またはページのソーシャルネットワークの表示によってそこに着きます。

この指標は、サイトに有機的に現れるリードが誰であるかを理解することを目的としています。これはすべて、会社の集中的なインバウンドマーケティング作業の結果であり、マーケティングの形態を変更したり、有料トラフィックを採用したりする必要があるかどうかを判断するために不可欠です。範囲を拡大します。

メトリックを監視することは、あなたの会社が促進しようとしている行動に強いかどうか、顧客やリードを引き付けるかどうか、または他の慣行に適応するか戦略を変更する必要があるかどうかを知るという単純な事実にとって非常に重要です。

最終的な考慮事項

今日のテキストでは、メトリクスとは何か、デジタルマーケティングで使用する企業のデータを測定する方法について説明し、これがビジネスに与える影響と、今日最も使用されている効率的なKPIとメトリクスを調査しました。

利点と利点として、メトリクスは常に会社を一歩先に進め、テキスト全体で数回言及されているように、通常は完全な失敗の後にのみ理解されるより大きな力と意思決定を可能にすることを言及できます。

また、より多くの顧客を引き付け、ビジネスの長所と短所を把握し、KPIとともに、会社が焦点を当てるべきことを理解し、さらに多くのリードと顧客を獲得することで、いくつかの可能性を実現するのに役立ちます。

テキスト全体で提供されている情報をガイダンスの形式として使用し、会社が使用できるメトリックについて可能な限り調査します。セグメント、現実、およびエッセンスを使用して、そこから最良のものを抽出します。

このテキストはもともとブログチームによって開発されました 投資ガイド、さまざまなセグメントで何百もの有益なコンテンツを見つけることができます。

コメントを残す